大学生

怪しい?評判は?元受講生がウィルフ(willfu)の体験談を語る

こんにちは!

元ウィルフ生のジュンです。

今回はぼくが大学3年生の時に通っていた、学生起業スクール「ウィルフ(willfu)」の体験談を書いていきます。

こんな人にオススメです!

・起業に興味がある

・事業立ち上げの経験を積んでみたい

・好きなことで稼げる力を身に付けたい

・インターン、アルバイト、サークルでは得られない経験をしたい

・誰よりも成長したい

・人気企業への就職に興味がある

この記事では僕が過去ウィルフに通っていた経験をベースに、体験談を書いていきたいと思います。

ネットではウィルフに通ったことがない人、無料体験に参加しただけの人が記事を書いています。しかし僕は元受講生ですので、ご安心してください。

ウィルフ(willfu)って怪しくない?

学生起業スクールなんて怪しくない?」と思われるかもしれませんが、ウィルフは全く怪しくはありませんので安心して下さい。

理由は以下の2つです。

1:ウィルフは大企業に協賛されている

2:ウィルフは大学と提携している

順に説明します。

怪しくない理由1:ウィルフは大企業に協賛されている

(参照:【WILLFU STARTUP ACADEMY】

ウィルフが怪しくない理由の1つ目は、大企業や著名人に協賛されているからです。

例えばサイバーエージェント、UTグループ、ライフル(home’s運営)、孫 泰藏(孫正義の弟)など様々。

このような企業や著名人から協賛されているという事実が、ウィルフの信頼性を証明していると思います。

仮にウィルフが怪しい会社だとしたら、有名企業からは協賛は得られません。

怪しくない理由2:ウィルフは大学と提携している

ウィルフが怪しくない理由の2つ目は、大学と提携しているからです。

具体的には「金沢大学」「関西学院大学」「近畿大学」「産業能率大学」の4校と提携し、大学公認のプログラムとなっています。

例えばこちらは関西学院大学の例です→Kwansei Gakuin STARTUP ACADEMY(株式会社ウィルフ連携)

このように大学と提携をしているという事実が、ウィルフの信頼性を証明していると思います。

仮にウィルフが怪しい会社だとしたら、大学と提携することはできません。

以上のことから、ウィルフが健全な学生起業スクールである事は分かって頂けたと思います。

ウィルフ(willfu)の授業内容は?

(参照:【WILLFU STARTUP ACADEMY】

ウィルフの授業内容は週に1回3時間ほどの座学形式となっており、授業では学生起業する上で必要なスキルを学べたりします。

具体的な授業内容は以下のようなものです。

・ビジネスをする上で重要なマーケティング手法

・社長、出資者へのプレゼンおよびフィードバック

・資金調達の方法

・事業アイディアの出し方について

4ヶ月半の間に3つのビジネスを立案し、実際の経営者からフィードバックを受け、そしてビジネスプランを実行します。

企画立案したビジネスプランを実行する、というサイクルを3回繰り返すのがウィルフの特徴です。

この3回のビジネスプラン実行を通して、学生起業で成功するためのスキルやノウハウを身に付けます。

ここが企画立案の段階で終わってしまうビジコンとの大きな違いですね。

また講師は起業経験者であり、大学の教授などと違いアドバイスがかなり的確にもらえることもポイントです。

さらに事業プレゼンの際はゲスト講師が参加してくれることもあり、現役バリバリの社長やベンチャーキャピタリスト(出資者)に対してプレゼンをする機会をもらえたりもします。

僕の場合は売上10億超えの会社の社長に対して事業プレゼンなどをし、事業に対するフィードバックをいただきました。ウィルフに通っていなければ、このような経験はなかなか出来ないと思います。

無料説明会に参加する

ウィルフ(willfu)はどんな人が通ってる?

ウィルフに通っている人は多種多様な分野の人が多いという印象です。

・芸術大学の人

・AIの研究をしている人

・プログラミングを勉強してきた人

・農業系の学部の人

・英語が好きで留学していた人

・ずっとスポーツをやっている人

・就活のために参加する人

・何となく学生起業に興味がある人(ぼくです)

ぼくが知っているウィルフの受講生はこんな感じで、本当に多様ですよね。

また女性の受講生はだいたい2〜3割くらいで、学年は1年生から就活を終えた4年生とバラバラです。

学生起業へのモチベーションとしては、全員が「絶対学生起業するぞ!」という感じではなく、「なんとなく学生起業に興味がある」という人も一定数いますのでご安心ください。

ちなみに僕の同期は14名ほどいましたが、そのうち2名が実際に起業しています。僕はウィルフに通った後、普通に就活をしIT企業に就職しました。

ウィルフ(willfu)に通うメリット

実際に通った僕が思う、ウィルフに通うメリットは以下の3つです。

1:起業家に必要なスキル、知識、経験が身につく

→3回もビジネスサイクルを回せば、これらのことは身に付いてきます。

2:就活で圧倒的に優位に立てる

→事業を立案して実行に移したという経験は就活でめちゃめちゃ評価されます。こんなことしてる学生なんてほぼいないです。

3:起業家を目指す人脈を作れる

→ウィルフに入ることで起業家を目指す学生の人脈を作れます。受講者限定のFacebookコミュニティがあるので、横のつながりを作りやすくなっています。

2の就活に関してですが、周りでは「リクルート系列」「大手シンクタンク(野村総研など)」「外資系企業」など、内定が難しい企業から内定をもらえている人が多いです。

またウィルフでは受講生限定で「新卒1年目から新規事業開発室/子会社社長」「3年でプロ経営者コース」といった魅力的な企業の採用枠の紹介なども行なっています。

この辺りもウィルフに入るメリットですね。

ちなみにいま話題の、「物を壊せるサービス」を提供しているのも実はウィルフの卒業生だったりします→「TVで話題沸騰!日本初上陸の爽快エンターテイメント」39期生 河東誠(中京大学4年・BrickWall社長)卒業生起業家インタビュー

このように既に活躍している先輩と人脈を作ることができる可能性もあります。

無料説明会に参加する

ウィルフ(willfu)に通うデメリット

一方で実際に通った僕が思う、ウィルフのデメリットは以下の3つです。

1:お金がかかる

→次の段落で言及します。

2:かなり忙しくなる

→大学の授業、アルバイト、サークル活動、就活などと並行してウィルフの活動をする必要があるので忙しいです。両立できず途中でウィルフを辞める人も一定数います。

3:教室は東京の渋谷のみ

→現状渋谷での授業のみとなっています。

3については毎週地方から渋谷まで来る人もいます。

また最近ではウィルフと各大学の提携により、大学でウィルフの授業が受けられる場合もありますので、地方の方は一度大学のHPなどで調べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに2019年7月現在では、以下の4つの大学と提携しているようです。

・金沢大学

・関西学院大学

・近畿大学

・産業能率大学

ウィルフ(willfu)の金額は?料金は?

ウィルフは入学金と毎月の授業料を支払う必要があります(説明会で料金を言うそうなので、金額を言えなくてスミマセン)

ちなみにバイトをしている人であれば払えるな〜、という感じの費用感になります。詳しくは無料体験授業でお聞きください。

また補足ですがウィルフでは実際に事業を起こし、収益分は自分のものになります。

僕の場合も15万円ほど売上があったので、うまくいけば授業料を全てまかなうことが可能だったりします。

ちなみにウィルフ受講中に100万円以上の収益を上げている人も多くいます!

ウィルフ(willfu)の口コミ、評判は?

ではそんなウィルフの口コミ、評判はどうなっているのでしょうか。

以下、ウィルフ卒業生の体験談を抜粋します。

WILLFUに入って、一番大きかったのは、「人のつながり」が得られたということ。

同世代の起業家仲間が周囲にいることで、相談したり励ましあったりすることができます。

みんな、目標に対してまっすぐに進んでいるのが当たり前で、そこからいつも刺激をもらっています。

本気で事業を立ち上げたい人は、ぜひ仲間になってみませんか。お待ちしてます!

引用:「新聞配達の日々から、女子大生社長へのステップアップ」57期生 大友玲菜(早稲田大学4年)

これまでの大学生活で、「成長をはっきりと実感する」ことはありませんでした。

そんな中で思い切ってWILLFUに入ってみて、たくさんの成長があり、何より自分に自信が持てました。

起業することの想像すらついていなかった半年前から、利益が出るというだけではなく、社会的にも意義のあるものだと自信を持って言える事業を立ち上げられたことは本当に嬉しいです!

引用:55期の”起業女子”チームが、働くママを応援するサービスを開始!

・圧倒的な成長ができた

・起業体験が就活で評価され、人気企業に就職できた

・学生起業をするための具体的なイメージが持てるようになった

といった体験談が多くあります。

その他ウィルフの口コミや卒業生の声を見たい方はこちらから。

ページの右上の「卒業生インタビュー」から確認できます。

無料説明会に参加する

ウィルフ(willfu)に参加するには説明会に出る必要がある

ウィルフに参加するまでの大まかな流れは以下の通りで、まずは説明会に参加しなければなりません。

1:説明会に参加する

2:授業料を入金する

3:ウィルフに参加できる

説明会は無料で、平日と休日どちらの日程もあり1時間弱でサクッと終わります。

説明会では授業料、授業体験など、ウィルフの全てが分かるような内容になっていますので、興味がある方は実際に行くのが一番です。

教室の雰囲気も分かりますし、「アイディアの質の高め方」という授業を体験することができます。

質疑応答などもありますので、不安があれば質問して解消してしまいましょう。

無理な勧誘とかは一切ないので、ご安心ください!

学生起業したいならウィルフ(willfu)はオススメです

学生起業を目指している方、学生起業に興味がある方にはウィルフをオススメします。

・資金調達のやり方

・事業計画書の書き方

・ビジネスアイディアの出し方

・起業家としての考え方、スキル

やはり起業するうえで必要な上記のようなスキルは、経験者に教えてもらわなければなかなか身につかないスキルです。

講師の方たちは起業を経験していますので、未経験者には分からない落とし穴や注意点を的確に教えてくれます。

「急がば回れ」という言葉の通り、まずはしっかりとした知識やマインドを身につけた上で実際に起業した方が成功する確率は高まると思います。

ちなみに最近のウィルフはかなり人気で、満席になっている講座も出ているようです(最近の授業風景を見ましたが、昔よりかなり人が増えてます。)

講座が埋まってしまう可能性もありますので、興味のある方はお早めに体験授業に参加されてみてはいかがでしょうか。

無料説明会に参加する