Unity

【2019年】UnityでAndroid/iOSのビルドサポートを追加する方法

・UnityでAndroidのビルドサポートを追加したいけど分からない・・・

・UnityでiOSのビルドサポートを追加したいけど分からない・・・

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

UnityでAndroid/iOSのビルドサポートを追加する方法

この記事を書いている僕(@jun_yutori)は、Unity歴2週間の初心者です。

今回は僕自身がAndroidのビルドサポートの追加で迷いましたので、追加方法についてまとめておきたいと思います。

UnityでAndroid/iOSのビルドサポートを追加する方法

では画像付きで紹介していきます。

1:ビルトサポートを確認する

まずはUnityから「File」→「Build Setting」を開いてみて下さい。

上記のように「NO ××(プラットフォーム名)module loaded」と記載されていれば、ビルドサポートが入っていないということです。

つまりサポートが入っていないので、追加しなければなりません。

ちなみに画像はAndroidですが、iOSでも流れは同じですのでご安心下さい。

2:Unity Hubを開く

ではサポートが入っていないことが確認できましたので、追加していきます。

まずはUnity Hubを開いて下さい。

インストールをクリックすると、実際にインストールされているバージョンが表示されます。

画像の赤い四角で囲まれたところをクリックし、「モジュールを加える」を選択しましょう。

3:追加するビルドサポートを選択する

「モジュールを加える」を選択すると、上記の画像のような画面が出てきます。

Android、iOSもありますので、任意のビルドサポートを選択し右下の実行をクリックします。

これで追加作業は終了です!

4:Build Settingの画面で追加されていることを確認

インストールが終わった後、再度「Build Setting」で確認してみて下さい。

ビルドサポートが追加されていることがわかると思います。