雑記

テレビはオワコン!若者の僕がテレビを見なくなった理由

こんにちは。

本日は若者の僕が「若者のテレビ離れ」について書きたいと思います。

「24歳のお前は若者なのか?」というのはナシでお願いします(笑)

最近テレビ見ない人が(特に若者)増えてきているんじゃないでしょうか。

ちなみに僕の周りでテレビの話題を話している人は誰もいませんし、僕も1ヶ月で2時間くらいしかテレビは見ません。

そんな僕も高校生くらいまではテレビっ子でしたが、大学生に入ったくらいからテレビを見る時間は格段に減ってしまいました。

僕の友達もそれは同じで、徐々にみんなテレビを見る時間が減ってきている印象です。

というわけで、今日は若者がテレビを見なくなった理由について書いていきたいと思います。

若者の僕がテレビを見なくなった理由

f:id:kanpai28:20180915215108j:plain5年ほど前でしょうか、YouTubeなどネットで動画を見る機会が増えてきました。

ネットでの動画は

・見たいときに動画を見れる

・見たい動画を選んで見れる

・うざったいCMが無い

・退屈な部分があれば早送りすることができる

ということで初めて見た時は「何て便利なんだ!」って思いました。

ネットでの動画との出会いを機にテレビを見る機会はどんどん減っていき、一方でネットで動画を見る機会はどんどん増えていきました。

若者の僕がテレビを見なくなった理由は、ネットでの動画閲覧が便利過ぎてテレビで見るのが不便に感じてしまうようになったからです。

例えばCMの例で言うと「続きはCMの後で!」とか言われた瞬間に冷めますし、映画の途中で平気でCM挟んでくるのでうんざりします。

この前テレビで映画がやっていて見てたんですけど、クライマックスのすごい盛り上がるシーンでも平気でCM挟んできて唖然としました。

「あ〜これはもうテレビダメかも」って本気で思いましたね。

CMだと60秒くらいは間が空いちゃうんで、その間に離脱する人とか今の時代多いと思います。

その点YouTubeの動画広告って長くても15秒とかなので、よく計算されているんだな〜って思います。

ギリギリ我慢できるのが15秒くらいなのかな〜なんて感じで、ちゃんと実験した上での15秒ということですね。

またアマゾンプライムなどのちゃんと購入したコンテンツであれば、広告は最初にしか流れませんのでテレビみたいにクライマックスに広告を見させられることもないです。

僕だけでなく、多くの若者もこれがテレビ離れの理由の一つだと思います。

このように一度便利なウェブでの動画閲覧を経験してしまうと、今まで当たり前に見ていたテレビが非常に不便に感じられます。

ネットでの動画閲覧が当たり前になると

・リアムタイムで時間を拘束される

・続きはCMでと焦らされる

・早送りと巻き戻しが出来ない

・テレビという持ち運べないデバイスで見なければならない

こういう特徴のテレビってめちゃくちゃ不便ですよね。

そりゃ見なくなります。

僕より下の世代だとこの傾向はもっと顕著なんじゃないでしょうか。

「見たいときに見たいものをかいつまんで見る」っていうのが今のスタンダードだと思います。

今の中学生とか高校生とかは、もうCMがあるってだけで飽きちゃうんじゃないですかね?(推測ですが)

以上が若者の僕がテレビを見なくなった理由です。

関連記事:こちらもよく読まれています

スポーツジムはお金の無駄遣い!継続率を見れば明らかです そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 スポーツジムはお金の無駄であるということ ジムの代わりにオス...
【体験談】SNSを全部やめて3年が経ちました【大学生の時にやめた】 そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 SNSを全部やめてよかったこと3つ SNSを全部やめてよ...
【体験談】辛いニュースが多いのでニュースを見るのやめました辛いニュースを見るのがしんどい人 最近辛いニュースが多い気がする。悲惨な事件とかばかりで、感情移入してしまい見ているだけでこっちが辛くなってくる。もうニュースなんて見ない方がいいのかな?...