主張

【会社に行きたくない】日曜の夜に憂鬱にならないための7つの方法

日曜日の夜が憂鬱なサラリーマン 

「とにかく日曜日の夜が憂鬱で仕方がない。夜から憂鬱どころか、昼ごろから気が重くなってくる。この日曜日の夜の憂鬱さを少しでも軽くできる方法はないだろうか?」

そんな疑問にお答えします。

日曜日の夜の憂鬱さを緩和させる方法

この記事を書いている僕は新卒1年目でサラリーマンをしています。

僕自身日曜日の夜がすごい憂鬱でした。

仕事も会社も好きじゃないので日曜日になると「あぁまた仕事かぁ・・・」って憂鬱になっていました。

ただそんな憂鬱な気分だとなかなか寝付けず、何とかこの日曜日の夜の憂鬱問題を少しでも軽くするために色々工夫しました。

今回はそんな僕が実践している日曜日の夜の憂鬱さを軽減させるための方法を紹介したいと思います。

日曜日の夜の憂鬱さを緩和する7つの方法

日曜日の憂鬱さを緩和させる方法は7つです。

1:転職サイトを見る

これは今の仕事場がブラックとかでしんどい場合に効果的な方法だと思います。

転職サイトを見ると求人はめちゃめちゃあります。

今の会社以外にもたくさん選択肢があるということが分かると、少し気持ちが楽になると思います。

ホワイトな会社なんていくらでもありますので、今の会社に執着する理由は無いんじゃないでしょうか。

2:月曜日の出勤前に好きなことをする

f:id:kanpai28:20180806061545j:plain月曜日の朝に自分が楽しみなことを持ってくることで、日曜日の憂鬱さを軽減させる方法です。 

多くの人は朝はギリギリまで寝ていたいタイプだと思いますが、逆に早く起きて1時間ぐらい自分の好きなことをやるというのもオススメです。

例えばドラマが好きな人であれば1話分は日曜に見るのではなく月曜の朝に見るようにしたりですとか、運動が好きな人であれば月曜の朝にランニングなんかも良いと思います。

また「朝はどうしてもギリギリまで寝たい!」という人であれば、楽しみなことを月曜日の夜に取っておいてもいいと思います。

3:月曜日の出勤前にご褒美を買う

f:id:kanpai28:20180902220656j:plain月曜の出勤って大変です。

ただでさえ満員電車は大変なのに、休み明けということもあり余計に大変に感じます。

そんな月曜日の朝の電車を頑張って出社したのであれば、自分にご褒美をあげるのはいかがでしょうか。

例えばスタバが好きな人であれば好きなドリンクの大きいサイズ買ったりですとか、あとはコーヒーが好きな人であればちょっと高級なコーヒーを買ったりですとか。

ポイントとしてはここはケチらずお金を使っちゃいましょう。

ご褒美なんでたまには良いと思います。

4:月曜日のランチはいつもより豪華にしてみる

f:id:kanpai28:20180902221536j:plain月曜日のランチはいつもより豪華にしちゃいましょう。

頑張って月曜日会社に来て、お昼まで頑張った自分は偉いです!

そんな頑張った自分に対してご褒美をあげましょう。

例えばランチ焼肉とかいいですね。

もちろんディナーでもいいと思いますので、そこはお任せします。

ただ注意してほしいのは月曜日だけ豪華にするということです。

他の曜日でも贅沢してしまうと、これの効果が薄れてしまいます。

5:火曜日の夜に楽しい予定を入れる

f:id:kanpai28:20180906222115j:plain火曜日の夜に楽しい予定を入れておくのもオススメです。

「どうして火曜日なの?」という理由ですが、月曜の夜だと「今週あと4日もあるのか・・・」って若干気が乗らないと思います。

また水曜日の夜であればちょっと先の予定になってしまいますので、日曜日の夜の憂鬱の解消には少し効果が弱いです。

ということで月曜日と水曜日の間の火曜日に楽しい予定を入れるのが、ベストなタイミングだと思います。

ただここは個人差があると思いますので、ぜひベストなタイミングを自分で探してみて下さい。

6:「みんな日曜の夜は憂鬱なんだ」って割り切る

f:id:kanpai28:20180917192917j:plain基本的に一部の変態以外はみんな日曜の夜は憂鬱になるものだと思います。

「仕事が好きで日曜日の夜がワクワクする」って人も稀にいますが、僕の中では変態だと思っています。

バリバリ仕事している部長も、部署で一番成績のいい人もみんな多少なりとも日曜日の夜は憂鬱になるのです。

電車に乗っている人も憂鬱ですし、訪問するお客さんも憂鬱です。

って考えると「自分だけじゃ無いんだ」って少し気が楽になりませんか?

7:仕事を好きになる

f:id:kanpai28:20180916151351j:plain 日曜日の夜に憂鬱にならない方法を色々書きましたが、根本的な解決策は仕事を好きになることだと思います。

でも口で言うのは簡単なんですけど、これが一番難しいと思います。

僕も書いたはいいんですけど、仕事好きになる方法はよく分かりません・・・

ただ今までのスポーツとかの経験で言うと、やっぱり結果が出せるようになれば仕事も面白くなるんだと思います。

なので仕事で結果を出せるようになることが、日曜日の夜の憂鬱さを無くす一番の方法なのかなと思います。

まとめ・・・日曜日の夜を乗り切ろう!

みんな日曜日の夜は憂鬱になります。

それは仕方がないですけど、ただ工夫次第である程度解消できるものだとも思います。

是非今回の内容を実践してみて、ワクワクした日曜日の夜を迎えられるようにしてみてください。