大学生

【体験談】SNSを全部やめて3年が経ちました【大学生の時にやめた】

SNSに疲れて全部やめたいけど迷っている人

最近SNSに疲れてきた。自慢だけの投稿は面白くないし、友人にイイねやコメントなどするのがめんどくさい。だからといって、すぐにSNSをやめるのも不安。実際にSNSを全てやめた人の話を聞きたいな。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • SNSを全部やめてよかったこと3つ
  • SNSを全部やめてよくなかったこと1つ

この記事を書いている僕は社会人1年目の24歳で、大学生の頃はTwitter、Instagram、facebookと有名どころのSNSは全てやっていました。

しかし、自慢投稿や近況報告などを見ているうちに「なんかSNS疲れる・・・」と思い始め、大学3年生の時に全てのSNSをやめました!

そこで今回は、SNSを全部やめた体験談を話していきたいと思います。

SNSを全部やめてよかったと思うことは3つ

僕がSNSを全部やめてよかったと思うことは3つです。

1:SNSを見ない分、自分の時間が増えた

2:SNSを見てネガティブになることが無くなった

3:SNSを見て疲れることが無くなった

順番に説明します。

1:SNSを見ない分、自分の時間が増えた

全てのSNSをやめたことで、自分の時間がかなり増えました。

僕の場合フォローしてた人が200人くらいいて、TwitterやFacebookをやっていたので、投稿を全て見るのに1時間くらいかかります。

これくらいSNSに時間使ってる方は、結構多いんじゃないでしょうか。

僕はSNSをやめたからは、SNSのチェックに使っていた時間を自分の好きなことに使えるようになりました。

SNSでどうでもいい自慢投稿を見るよりも、好きな趣味とかに時間を使う方が幸せだと、僕は思います。

2:SNSを見てネガティブになることが無くなった

SNSを全部やめたことで、SNSでネガティブになることが無くなりました。

家で暇してる時にSNSを見ると、リア充している友達を見てネガティブになることが何度もありました。

こっちは家でゴロゴロ暇してるのに、アイツは外でデートかよ・・・

という感じでネガティブモードに。

SNSの投稿は華やかなものばかりなので、それを見るたびに自分と比較してしまい、ネガティブになるっていうのはよくありました。

しかしSNSをやめることで、友達のリア充している情報が入ってこなくなります。

情報が入ってこなくなると自分と比較することもなくなるので、ネガティブになることも無くなります。

3:SNSを見て疲れることが無くなった

SNSを全部やめたことで、SNSで疲れることが無くなりました。

僕がSNSで感じた疲れは2つです。

1つ目の疲れは、投稿をチェックすることに対する疲れです。

僕の場合フォローが200人くらいいたので、全てに目を通すのが単純に疲れました。

今思えば全てチェックする必要なんて全くないんですけど、なぜかしっかりチェックしていましたね。

2つ目の疲れは、承認欲求にあふれた投稿を目にするという疲れです。

僕は承認欲求にあふれた投稿を目にする度に、疲労感を感じでいました。

  • 〇〇で遊んできました!
  • 〇〇行きました!
  • 〇〇と付き合ってます!
  • 〇〇に就職します!

このあたりの発信は、見てる側からすると疲れましたね。

「うるせえ黙れ!」と思いながら、当時は見てました(笑)

以上、僕がSNSを全部やめてよかったと思うことです。

一度SNSをやめてしまうと、快適すぎてもう戻れないですね。

SNSを全部やめてよかったこと
  • SNSを見ない分、自分の時間が増えた
  • SNSを見てネガティブになることが無くなった
  • SNSを見て疲れることが無くなった

SNSを全部やめてよくなかったと思うことは1つ

SNSを全部やめてよくなかったことは、「中途半端にSNSだけで繋がっていた友人との縁が切れた」ことです。

リアルだと絡む機会がないけど、SNS上ではたまに絡む人とかいると思います。

投稿にいいねするだけとか、コメントだけする感じの人です。

SNSをやめると、そのような人との縁は切れる可能性があります。

まぁリアルで絡む機会がないのなら、別に縁が切れても仕方ないと僕は思っちゃいます。

ここは個人の感覚次第ですね。

SNSを全部やめる上で生じた2つの不安について

今の話を聞いて、「SNSを全部やめてみたいけど不安・・・」という方もいると思います。

1:SNSをやめたら仲間外れにされない?

2:SNSをやめたら友人と縁が切れない?

僕自身SNSをやめる際に、上記の2つを不安に思っていました。

その不安に関してお話ししますね。

不安1:SNSをやめたら仲間外れにされない?

「SNSを全部やめたら仲間外れにされそう・・・」と不安になる方もいると思います。

確かにSNS上でのリプのやり取りや、近況報告を見ていないことで、話に乗れないことは経験上ありました。

でも特に問題はなく、普通に話してる時に聞けばいいだけの話です。

不安2:SNSをやめたら友人と縁が切れない?

先ほどのSNSやめて良くなかったことと重複しますが、SNSをやめた経験上言えるのは、切れる縁もあると思います。

僕の場合SNSだけで繋がっている過去の同級生とかは、結構縁が切れました。

今何やってるかとか、さっぱり分かりません。

でもこれって、ネガティブなことですかね。

SNSだけで繋がるような縁であれば、遅かれ早かれ切れます。

別にいいやって、僕は思っちゃいます。

まとめ:SNSが嫌ならやめた方が幸せになれます

以上、全てのSNSをやめてよかったと思うこと、よくなかったと思うことを書きました。

実体験としては、SNSが嫌なら全部やめた方が絶対幸福度は上がると思います。

もちろん人間関係やら色々な理由で、SNSをやめたくてもやめられない状況にあるかもしれません。

そのような場合は、例えば「1日1回しかSNSを見ない」でもいいと思います。

そして徐々に、SNSに触れない時間を増やしていきましょう!

関連記事:こちらもよく読まれています

【稼げて融通がきく!】大学生にオススメのバイト4選 そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 ・バイト採用で最大1万円のお祝い金をゲットできる ・稼げて融通が...
【162万貯めた】サラリーマンのランチ代節約術6選! そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 サラリーマンが実践する6つのランチ代節約術 サラリーマン...
【体験談】UQモバイルで合計15万円節約しました【利用歴3年】 そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 UQモバイルを3年利用した体験談 UQモバイルの口コミや評判...