お金/節約関連

【体験談】奨学金の返済が不安な学生へ!実際の返済はこんな感じです

奨学金の返済が不安な学生

社会人になって奨学金を返済しなければならない・・・。でも奨学金を返済するのってすごい大変そうだし、分からないことも多くて色々と不安。奨学金の返済って実際どんな感じなんだろうか?支払いを開始している、社会人の話が聞きたいな。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 奨学金の返済体験談
  • 奨学金返済のペースについて

この記事を書いている僕は社会人一年目で、奨学金を180万円借りました(第2種奨学金)。

またすでに奨学金を返済し始めています。

そこで今日は、奨学金の返済のリアルな体験談などをお話ししていきたいと思います。

奨学金の返済に不安がある学生さんは、ぜひ参考にしてみて下さい。

※大学で奨学金を借りた私の例です

奨学金の返済が始まるタイミング

奨学金の返済は、奨学金の貸与期間が終了した翌月から数えて7か月目の27日から始まります。

ちょっと分かりにくいですね・・・。

例えば3月に卒業すれば、この場合奨学金の返済開始は10月27日になり、それ以降は毎月27日に返済されるような流れになります。

返済開始が4月じゃないのがポイントです。

学校を卒業した後の4月と言えば社会人になってすぐです。

引越しやスーツなどの出費も増えますし、給料ももらっていないのであまりお金がない時期ですよね。

そのタイミングで奨学金の返済が始まらないのは、親切だなと思います。

10月であれば給料も何回かもらっているので、多少の蓄えがある時期だと思います。

奨学金の返済方法

気になる奨学金の返済方法ですが、今のところ銀行口座からの引き落とししか返済手段は無いようです。

ちなみに僕はゆうちょ銀行から自動引き落としでやってますが、一度口座を指定すればあとは自動なのでかなり楽です。

自動引き落としなので、払い忘れは防げます。

奨学金の毎月の返済額

毎月の奨学金の返済額に関してです。

これは僕の返済プランで、このような毎月の支払額を記載した紙が返済前のタイミングで送られてきます。

僕は180万円借りましたが、僕の場合の奨学金の返済額は毎月11,807円。

借りた金額に応じて毎月の支払額は変わってきます。

例えば300万円借りた場合は毎月15,000円ほど、また120万円借りた友人は10,000円未満と言ってました。

奨学金の返済期間

奨学金の返済期間ですが、こちらは返済金額に応じて13〜20年くらいの返済期間が設定されるそうです。

ちなみに僕の場合は180万円借りましたが、返済期間は13年で設定されていました。

もちろんもっと速いペースで返済することも可能ですし、逆にもっと遅いペースで返済することも可能です。

奨学金の利息

奨学金返済の利息についてですが、第二種奨学金の場合は利息を支払わなければなりません。

利率は固定利率と変動利率で選べますが、私は固定利率を選択しました。

大体8割くらいの方が固定利率を選んでいるそうです。

奨学金の利率は固定利率と変動利率どっちがいいの?という方はこちらをどうぞ→奨学金の[種類][返済利息の算定方式][保証方式][返済方式]を決めるポイントを解説【奨学金なるほど相談所】

ちなみに僕の場合、利率は0.33%で払う利息の合計額は4万弱でした。

180万円を13年かけて返済する際の利息が4万弱です、参考にしてみて下さい。

ですので、僕は元金と合わせて約184万円を支払うことになります。

利息に関しては、ぶっちゃけイメージよりかなり安かったです。

奨学金の返済が不安な方へ

奨学金の返済が不安な方へ朗報です。

たとえば就職や病気の関係で支払いが困難な場合は、支払いを猶予できるような制度があります。

その制度に関しては分かりやすいサイトがありますので参考にしてみて下さい⇨奨学金の返済が困難になった時の3つの救済制度を解説!【奨学金なるほど相談所】

上のサイトの内容を簡単に抜粋すると、「返済を待ってもらう制度」「返済月額を減らしてもらう制度」などがあるそうです。

奨学金を早く返済するコツ

僕の場合社会人になって1年弱で奨学金180万円を返済できそうですが、その要因は「実家住み」と「貯金」の2点です。

当たり前ですが実家に住みながら、貯金するとめちゃめちゃお金貯まります!

僕は1年間で160万円以上、貯金できました。

【通帳公開】社会人1年目で実家住みの貯金額【162万円】 そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 ・貯金できるようになるための方法 ・将来のお金に対する不安を解消...

また貯金ができないという方は、学生のタイミングで貯金のスキルを身につけることを強くオススメします。

「社会人になれば給料増えるから貯金できる」と思われる方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

貯金するスキルがない人は、手元に入るお金が増えても貯金できません。

事実、僕は1年で160万円貯めてますが、僕と同じ給料をもらって、実家住みの会社の同期は貯金ほぼ無いって言ってました。

このことからも、貯金はスキルであるということができると思います。

スキルの身につけ方は、本でもYoutubeでもなんでもいいですが、僕はお金の教養講座という無料のセミナーに大学生の時に参加し、身につけました。

【怪しい?悪徳?】お金の教養講座の感想まとめ そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 お金の教養講座が怪しくない理由 お金の教養講座の評判と感想 ...

最後に:不安なら奨学金返済のシミュレーションをしてみては?

学生だと奨学金の返済スケジュールとか、なかなか分からないですよね。

分からないからこそ、不安だと思います。

そんな皆さんに超オススメのサイトを紹介します⇨奨学金貸与・返還シミュレーション-JASSO

これは奨学金を運営している日本学生支援機構による奨学金返済のシミュレーションサイトで、借りた奨学金の総額を入力するだけで返済シミュレーションが出来るのでぜひやってみてください!

自分がどれくらいのペースで返済をすればいいのかが分かるようになります。

ぜひ奨学金の返済の不安を解消して頂けたなら幸いです。