社会人1年目

【通帳公開!】社会人1年目で実家住みの貯金額【100万越え】

社会人1年目の貯金額を知りたい人 

「社会人1年目って一年間でどれくらい貯金できるんだろう。実家だとお金が貯まりやすいっていうのはよく聞くけど、100万円くらい貯金できるのかな?貯金するための方法も知りたいな。

そんな疑問にお答えします。

・社会人1年目の貯金額

・社会人1年目で100万円以上貯金した方法

この記事を書いている僕は社会人1年目で実家に住んでおり、12月に貯金100万円を達成しました!

今回は社会人1年目の貯金について書いていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

また学生時代貯金を全くできなかった僕が、貯金をできるようになったきっかけ、体験談も別の記事で書いています。

こちらも合わせてどうぞ!

ちなみに少しネタバレをしておくと、貯金することは立派なスキルだということです。

貯金のスキルを知っているか知っていないかで、貯金額は大きく変わってくると僕は確信しました。

社会人1年目の貯金額(100万越え)

こちら僕の通帳の写真ですが、12月に貯金100万円を越えることが出来ました。

123万円と書いてありますが、その他に仮想通貨も10万円弱保有しているので、トータルでいうと135万円くらいです。

次にこの100万円貯めた期間(4月〜12月)の支出と収入のデータを公開していきたいと思います。

※2019年4月追記

社会人1年目の貯金額は約160万円でした!

社会人1年目の生活費内訳

僕の毎月の生活費内訳については、別の記事で書いてますので参考にしてみて下さい。

詳しくは記事を見てもらえれば書いてありますが、大体毎月10万円くらいで暮らしてます。

ちなみに実家住みですが、家賃と飲食費はちゃんと支払っています。

社会人1年目の収入額(4月〜12月)

一方で収入に関してですが、僕の給料は手取りで月に19万円、ボーナスは手取りで80万円くらいでした。

なので19万円×9ヶ月+80万円で、手取りは大体251万円です。

これから先ほどの支出額を引くと、大体135万円くらいになります(誤差があるのはパソコン買ったり、旅行したりしているからです)

社会人1年目で100万円以上貯金するための方法

貯金する方法は「お金を使わないこと」、シンプルですがこれが一番です。

例えば僕がやっている節約術で言えば「飲み会は基本的に行かない」「スマホは格安simを使う」「必要なもの以外買わない」などです。

無駄使いを減らすとお金はすぐに貯まるので、ぜひ実践してみて下さい。

また「そもそも何にお金を使っているか把握していない」という方は、まずは支出の記録を取ることから始めましょう。

僕はおカネレコという無料アプリで支出を記録してますが、大体5秒あれば記録できるのでお手軽です。

あとはマネーフォワードあたりも有名ですが、どれもそこまで変わらないのでお好きなものを試してみて下さい。

アプリストアで「家計簿」と検索するとたくさん出てきます。

当たり前ですが、お金は使わないとめちゃめちゃ貯まります。

ちなみに節約とドケチは違います

散々「貯金」「100万」「節約」とか言ってきましたが、僕は我慢するのもドケチになるのも推奨しているわけではありません。

必要のない物にお金を使うのではなく、本当に欲しいと思ったものに対して思いっきりお金を使うのが幸せになれるのかなと思います。

実際僕も10万円のパソコン買ったりしてますし!

無理はしなくていいので、まずは無駄な買い物や出費を1つずつ減らしていくことからスタートするといいかもしれません。

お金を使うメリハリが大切ということです!

この記事のまとめ

・まずは毎月の支出を把握すること

・支出を把握した上で不要な支出を削減すること

・不要なものにお金を使うのではなく、本当に欲しいものにお金を使うのはOKだということ

関連記事:こちらもよく読まれています

その他お金、貯金に関する記事を書いています。