社会人1年目×生活

【体験談】新卒の僕が飲み会に行かないキャラを確立した過程

飲み会に行かないキャラになりたい新入社員

会社の飲み会がとにかく苦手。お金と時間は他のことに使いたいし、とにかく会社の飲み会には行きたくない。飲み会に行かないキャラを確立する方法はないかな?

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 飲み会に行かないキャラの作り方
  • 飲み会に行かないキャラを作った過程

この記事を書いている僕は社会人1年目ですが、飲み会に行かないキャラを確立させ、飲み会に参加することはほぼ無くなりました。

新入社員が飲み会に誘われないっていうのは、なかなか珍しいことだと思います。

そこで今回は、会社の飲み会に行かないキャラを確立させた過程を、書いていきたいと思います。

新卒の僕が飲み会に行かないキャラを確立した過程

飲み会に行かないキャラ作りのための活動は、入社前から始めていました。

入社前の秋〜冬

この時期は内定式とか入社前研修とかで、会社の人と飲み会に行く機会があると思いますので、チャンスです。

自分はお酒が苦手ということを、どんどんアピールしていきましょう。

まだ学生なので、このタイミングだとアピールしやすいです。

僕はこの時期にお酒が飲めないことをアピールしていたので、入社した段階で既にお酒が飲めないと言うことは認知されていました。

4月:新入社員歓迎会

4月は新入社員歓迎会など、断れない飲みの席が多い時期ですが、ここで入社前の「自分はお酒飲めないですアピール」が効果を発揮します。

色々な社員からお酒を勧められますが、その際に自分がお酒を飲めないことを知っている社員の方が「実は〇〇君はお酒が飲めないんだ」と言ってくれます。

あとはそれに合わせて「そうなんですよ〜飲めないんです」って言っとけばOKです。

お酒が飲めないって若干言いにくいかもしれませんが、社員の方から言ってくれるのでこちらとしても気まずさを感じることがありません。

4月は飲みの席が多くなるとは思いますが、基本的にこの戦法でどんどん飲めないキャラを会社の人に認知させていきましょう。

ちなみに飲み会嫌いな僕も、さすがに歓迎会などは全て参加していました。入社してすぐの歓迎会を断るのはリスクが高いと思います。

5月〜6月:個別のお誘い

この時期から、個別で飲み会に誘われる機会が増えてきました。

今までの歓迎会などとは違う、プライベートなタイプの飲み会ですね。

ただ僕は飲み会とお酒が苦手なので、あれこれ理由をつけて全て断っていました。

新入社員の立場ですし断るのは気まずく心苦しいですが、飲み会に行かないキャラを定着させたいのであれば断りましょう。

ちなみに個人的には、ここの時期が一番大変でした。

断るのって結構疲れますよね。

7月:ついに飲み会に行かないキャラに

遂に誰からも飲み会に誘われなくなり、飲み会に行かないキャラを確立しました。

どこか寂しさも感じますが、それでも僕は飲み会が苦手なので、これでいいです。

もうすぐ入社して1年経ちますけど、マジで夏から1回くらいしか飲み会に誘われなくなりました(笑)

飲み会に行かないキャラを確立できた要因

飲み会に行かないキャラを確立できた要因としては、2つあると思っています。

・お酒が飲めないことをアピールしたこと

・飲み会を断り続けたこと

まぁ普通に考えてお酒飲めないで飲み会を断り続けていれば、自然と飲み会に行かないキャラは確立します。

ただ新卒で飲み会に断るって割と勇気のいることだと思います。

僕も最初は勇気が要りました。

そこで飲み会に行かないキャラになるまでに生じる不安について、お話ししていきたいと思います。

飲み会に行かないキャラになる過程で生じる不安

飲み会に行かないキャラになるまでには不安があると思いますが、今回は2つ紹介したいと思います。

不安1:飲み会に行かないと嫌われる?

ぶっちゃけ僕も分からないですが、陰で嫌われている可能性はあります。

ただ別に飲み会に参加せずとも好かれている人はいるので、そこはコミュニケーションでカバー出来る範囲かなと思います。

例えば挨拶をハキハキ元気よくしたり、上司の仕事のサポートを積極的にするなどしていれば飲み会に行かなくてもそこまで嫌われることはないでしょう。

また「新年会」「歓迎会」などのイベント的な飲み会には顔を出すようにすれば、嫌われる可能性も下がると思います。

僕の場合もそうで、年に数回のイベント的な飲み会だけは参加するようにしているので会社での肩身はそこまで狭くないです。

不安2:飲み会に不参加だと仕事に影響がある?

「接待をすることで出世した」みたいな話も聞くので、少しだけ影響があるって感じですね。

会社の飲み会を大切にするような昭和的な企業であれば仕事に影響はあるかもしれませんが、今の時代はほぼ無いと思います。

少なくとも今僕が働いていて、仕事に影響があると感じたことはないです。

まとめ:飲み会に行かないキャラになった結果

飲み会に行かないキャラになった結果よかったと思うこともあれば、実はよくなかったと思うこともあります。

良かったことで言えば自分の時間、お金を確保できるようになったことや、苦手な飲み会に参加しなくていいことです。

一方で良くなかったと思うことは、会社の人との距離が縮まらないことです。

飲み会に参加していない分、会社の人とプライベートの話をする機会があまりないので、なかなか距離も縮まりません。

以上、新入社員の僕が飲み会に行かないキャラを確立した過程です。

キャラを確立するためには数ヶ月はかかると思いますので、焦らずにコツコツキャラを作っていきましょう!

関連記事:こちらもよく読まれています

【162万貯めた】サラリーマンのランチ代節約術6選! そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 サラリーマンが実践する6つのランチ代節約術 サラリーマン...
仕事で人生に疲れた新入社員へ!6つの考え方を伝えたい そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 新入社員が仕事で人生に疲れた時に楽になれる6つの考え方 ...
【体験談】UQモバイルで合計15万円節約しました【利用歴3年】 そんな疑問にお答えします。 本記事の内容 UQモバイルを3年利用した体験談 UQモバイルの口コミや評判...