フリーター/ニート

【結論】20代フリーターの仕事が決まらない理由は1つです

なかなか仕事が決まらない20代のフリーター

フリーターから正社員への就職を目指しているんだけど、なかなかうまくいかない。ナビサイトからエントリーしても書類選考で落とされるし、面接で「うまく話せた!これはいけるんじゃないか?」と思っても落とされる。どうせ私には、フリーターから正社員への就職なんて無理なのかな…

なんて最初から諦めないでください。

フリーターから正社員に就職することは、決して難しいことではありません。

もし仮に30代であれば正直難易度は上がりますが、あなたはまだ20代です。

20代であればたとえ未経験でも、職歴が無くても、正社員になれます。

正社員に採用されない理由は「フリーターだから」ではなく、「就活のやり方」にあります。

そこでこの記事では、仕事が決まらない20代のフリーターの方に向けて、正しい就活のやり方をご紹介したいと思います。

しかし、はっきり言います。

「正しい就活のやり方」はありますが、だからといって100%正社員になれる方法はありません。

楽して正社員になりたい、という気持ちではダメです。

しっかり行動した先に、正社員への就職という未来があります。

これからお伝えする内容は、楽に正社員に就職できる方法ではございません。

ただししっかり行動をすれば、正社員就職の道はひらけます。

この記事では、仕事が決まらない20代フリーター向けの「正しい就活のやり方」について、お話ししていきたいと思います。

フリーターの仕事が決まらないのは「フリーターだから」ではない

いま仕事が決まらないのは「自分がフリーターだから」と思っていませんか?

「フリーターだから正社員になれない・・・」

「フリーターで職歴がないから正社員になれない・・・」

まずそこが違います。

仕事が決まらないのは、あなたがフリーターだからではありません。

理由は「就活のやり方」が間違っているからです。

フリーターの就活には、フリーター就活なりのやり方があります。

あなたは「自分で」ナビサイトに登録して、「自分で」履歴書を作成し、「自分で」面接対策をしていませんか?

全部自分でやってる・・・

という方は、まずは仕事が決まらないのは「就活のやり方が間違っているから」ということを認識して下さい。

正しい就活のやり方でやれば、正社員になれます。

履歴書の空白期間、どう表現してますか?

フリーターの正社員就職では、履歴書の空白期間について、突っ込まれることが多いです。

「フリーターの間は何をしていましたか?」

「フリーター歴が長いのはどうしてですか?」

「フリーターの期間で学んだことはなんですか?」

このような質問です。

面接担当はこのような質問を通して、

「この人はすぐに会社を辞めないだろうか?」

「正社員としてちゃんと仕事ができるだろうか?」

など、色々チェックをしています。

フリーター期間に対する回答を、準備できていますか?

フリーター就職向けの書類作成、面接対策ができているか?

フリーターの就職活動には、それに合わせた、書類作成と面接対策をする必要があります。

職務経歴などはどうしようもないですが、証明写真や志望動機の書き方などは意識した方がいいです。

面接対策も同様です。

フリーターの正社員就職では、過去の実績が重視される中途採用面接とは異なり、面接者の将来性を重視します。

「この人はどういう人物なのか?」

「この人は成長する可能性があるのか?」

「過去」ではなく「将来の伸びしろ」が見られがちです。

このように特色のある、フリーター就職向けの対策が、ちゃんとできていますか?

フリーターが就職しずらい日本社会も悪い

フリーターが正社員になるのって結構大変なんだな・・・

と落ち込む人もいると思いますが、日本の社会も悪いと思います。

「ぶっちゃけ数年職歴が空いたって、履歴書に空白期間があったって大したことなくない?」と個人的には思います。

まだ20代なんだから、数年くらいフリーでもいいだろ!って感じですよね(笑)

僕もフリーの時期はそう思ってました。

とは言いつつも、そこで開き直っても何も起こりませんので、行動していきましょう!

以下では「フリーター就活の正しいやり方」について、お話ししていきたいと思います。

「フリーター就活の正しいやり方」は1つ

仕事がなかなか決まらない方は、「正しい就活のやり方」がちゃんとできていない。

というお話をしてきました。

その具体的な解決策ですが、結論から言いますと「フリーター専門の就職エージェントサービス」を利用するのがオススメです。

エージェントとは、無料で面接対策から選考書類の添削、就職前のフォローなどを行なってくれるサービスです。

フリーター専門のエージェントなので、就職で重要な「空白期間の表現」や「フリーターの面接でよく聞かれる質問対応」などは既に多くの知見があります。

「正しい就活のやり方」を知るうえでは、一番適しているサービスです。

自分で就活をして苦戦していたが、エージェントに行ったところ、1ヶ月で内定が取れるといったこともよくある話です。

そんなフリーター専門のエージェントは、数がそんなにありません。

いくつか抜粋してみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

フリーター就職でオススメのエージェント4選

1:第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは手厚いサポートが強みのエージェントです。

第二新卒エージェントneoのいいところ

  • 一人当たり平均10時間の手厚いサポート
  • ブラック企業を除外し、優良企業のみを紹介
  • 不採用の理由が分かるので、すぐに改善ができる

初回面談では最大2時間かけてキャリアプランを考えるなど、手厚いサポートが特徴的です。

紹介される企業は全て運営会社が訪問し、ブラック企業を除外しているため、安心して就活できます。

第二新卒エージェントneoの場合は、不採用の理由がわかりますので、次の面接ですぐに改善できます。

第二新卒エージェントneoの悪いところ

  • 担当者によって対応が悪いこともある
  • 対応エリアが少ない
  • 担当者が比較的若い

担当者によっては「合わなそうな企業を勧めてくる」など、少し対応が悪いこともあるそうです。

現在対応している地域は、東京、大阪、名古屋、福岡となっています。地方の方の場合、通える範囲に事務所がない可能性があります。

他のエージェントに比べ、担当者が若い印象があります。それは第二新卒エージェントneoがベンチャー企業だからですね。

公式サイト:https://www.daini-agent.jp

2:DYM就職

DYM就職は書類選考をスキップし、最速1週間での内定獲得も可能なエージェントです。

DYM就職のいいところ

  • 対応エリアが広い
  • 書類選考なく、いきなり面接からスタート
  • 上場企業の求人もある

面談可能なエリアが、東京、神奈川、千葉、群馬、茨城、仙台、名古屋、静岡、大阪、神戸、広島、福岡とかなり広いです。

エージェントが採用担当者と直接やり取りをするため、書類選考なく、いきなり面接からスタートすることができます。

なかには東証一部上場企業の求人もあります。もちろん難易度は高いですが、フリーターから上場企業に就職した例もあります。

DYM就職の悪いところ

  • ブラック企業を勧められることもある
  • 担当者と合わないと辛い
  • 紹介できる職種に偏りがある

担当者によってはブラック企業に近い会社を、勧められることもあるそうです。

また担当者と二人三脚で就活をしますが、担当者と合わないと辛いかもしれません。

紹介職種は営業が34%、エンジニアが15%と紹介できる職種に偏りがあります。詳細な内訳はこちらで確認できます→最短1週間で入社可能!DYM就職

公式サイト:https://talk.dshu.jp

3:ハタラクティブ

ハタラクティブは若年層のフリーターなどに特化したサービスです。

ハタラクティブのいいところ

  • 未経験でも大丈夫な優良求人が見つけられる
  • 短期間で内定を獲得できる
  • 自分に合う仕事を選ぶことができる

実際に担当者が足を運んだ優良企業のみを紹介しており、求人の80%以上が正社員経験がなくても問題ない求人です。

内定率80%以上、面接通過率が20%上がる面接対策など、短期間で内定を取れるような環境が整っています。

求職者の人生に寄り添う「自分発見カウンセリング」を行い、一人一人にあった職種や企業を紹介してくれます。

ハタラクティブの悪いところ

  • 地方の求人数が少ない
  • 大手企業の求人数が少ない

エリアが東京、神奈川、埼玉、名古屋、大阪、福岡となっており、拡大してきてはいますが、まだまだ対象範囲は狭いです。

フリーター就職に特化していることもあり、大手企業など人気な求人の数は少ないです。

公式サイト:https://hataractive.jp

※申し込み後、0120-979-185の番号より、確認の電話がかかってきます。

4:GEEK JOB

「正社員にはなりたいけど、やっぱり人前に出る営業とかは嫌かも。。」という方には、未経験からプログラマーになれるGEEK JOBはいかがでしょうか。

GEEK JOBは無料でプログラミングを学べ、そしてプログラマーとしての就活を支援してくれるサービスです。

エージェントとは若干異なりますが、皆さんにあっているサービスですので、ご紹介してみました。

GEEK JOBのいいところ

  • フリーターでも未経験からプログラマーになれる
  • 無料でサービスを利用できる
  • プログラミング学習に加え、就職支援も受けられる

参加者の71.6%はパソコン初心者からスタートしていますが、転職成功率は95.1%という実績があります。

企業からお金をもらっているため、受講者側は完全無料でサービスを受けることができます。

またプログラミングの学習だけでなく、その後の就活の面接対策などもサポートしてくれます。

GEEK JOBの悪いところ

  • 会場は都内のみ
  • スキル取得に時間がかかる
  • 有名企業に就職できるとは限らない

通学しながらスキルを身につけるシステムになっていますが、会場は東京のみです。関東圏の方でないと、通うのは困難です。

未経験からのスキル取得ですので、だいたい2ヶ月〜3ヶ月ほど時間がかかってしまいます。

公式HPでは「サイバーエージェント」「DMM」にも紹介できるとありますが、全員がそのような有名企業に就職できるわけではありません。

無料体験授業もありますので、ぜひお試しください。

公式サイト:https://camp.geekjob.jp

フリーター就職エージェント利用の際の注意点

ただし、いいことばかりのエージェントですが、注意点もあります。

もし利用される際は気をつけてもらいたいポイントを2つ、紹介させて下さい。

1:担当者と相性が合わないことがある

2:エージェントが無料なワケを知っておく

順に説明します。

注意点1:担当者と相性が合わないことがある

フリーター就職のエージェントは、求職者に対して担当者がつくことが多いです。

二人三脚でサポートしてもらえますが、担当者と合わないとキツいです。

人間なので、正直相性はあります。

この人合わないな・・・

となることは十分ありえます。

ですので、複数のエージェントを利用することをオススメします。

複数利用すれば、担当者と相性が合わなければ、他のエージェントを利用すればいいです。

また、そもそもエージェントごとに紹介できる企業も異なるので、企業の選択肢が広がります。

ただし利用しすぎると、逆に面倒なこともあるので、僕としては2社がいいと思います。

注意点2:エージェントが無料なワケを知っておく

2つ目の注意点です。

エージェントは無料で利用できます。

それは信じてもらって大丈夫ですが、無料のワケは利用する上で知っておくといいです。

エージェントは求職者を企業へ紹介することで、採用した企業からお金をもらう仕組みになっています。

だから利用者は無料で使えるのです。

これなんですがちょっと汚い話をすると、エージェント側は求職者を紹介すればするほど儲かります。

あまりいないとは思いますが、中には合わなそうな企業でもゴリ押ししてくる担当者もいるそうです。

この担当者、合わなそうな企業すごい勧めてくる・・・

というケースもあるかもしれません。

そうなった場合は、きっぱりと断って下さい。

そして変な担当者に当たってしまった場合は、別のエージェントを利用する方がいいです。

外れの担当者を引いてしまった保険の意味でも、やはり2つのエージェント登録がオススメですね。

ちょっと脅しのようになってしまいましたが、もちろん外れの担当者は少数派です。

「こういったこともあり得るから注意しておこう」と頭の片隅に入れておいてもらえると、嬉しいです。

まとめ:仕事が決まらないのは「就活のやり方」が違うから

すみません、少し長くなってしまいました。

この記事でお伝えしたいこととしては、「フリーターから正社員への就活で仕事が決まらないのは、就活のやり方が間違っているから」ということです。

今すぐに「正しい就活のやり方」をして、正社員就職を勝ち取ってほしいと思います。

明日からじゃなくて「今すぐ」ですよ(笑)

ライバルはすでに動き出しています。

正しく就活すれば絶対に正社員になることはできます!

第二新卒エージェントneo:手厚いサポートが強みのエージェント

DYM就職:書類選考をスキップし、最速1週間での内定獲得も可能なエージェント

ハタラクティブは若年層のフリーターなどに特化したエージェント

GEEK JOB:無料でプログラミングを学べ、プログラマーとしての就活を支援してくれるサービス